人が成長するということ~私は“大人”?

“大人”はどこに行ってしまったのか?

今回は橋本が担当の2回目となりますが、少々硬い話になりますことをご容赦ください。

最近とても気になっていることがあります。それは、日本を代表する企業での粉飾や不正、食品や耐震・燃費などの偽装、選挙での争点隠しや公約を守らなくても「新しい判断」などと言っている政治、更にはそうした政治状況に忖度をして、まともに機能していないと思われえるマスコミ…などです。そして、そこから共通して浮かび上がってくるのは、社会的には「責任ある立場にありながら責任を取らない」ことが多く、そして「いつのまにかうやむやになって忘れ去られて、何事もなかったかのように過ぎていく」時代となってしまったのではないかということです。

併せて、「自分も知らず知らずのうちに行っているかもしれないね」「自分が子供のころに漠然と、尊敬とあこがれを持っていた“大人”ではないよね」という、自責を含めた感覚も覚え、こんな有様では、今後に続く若い世代にとても誇りをもって接することはできない、という懺悔のような気持ちにもなります。そう、とても気になるのは、私たちが漠然と思い描いていた、人が成長した証ともいうべき“大人”はどこに行ってしまったのでしょうか?という不安です。もちろん結構怒りも覚えています。(尤も、そうした大人未満の人たちが、様々な分野で主要なポストを占めて仕切っていても、何とか成り立っている日本は素晴らしいシステム?ということが、逆説的に言えるのかもしれませんが。)

 

“大人になる”ということ

ところで、そもそも(身体的なことではなく人間力としての)大人の定義とは何でしょうか?自立している、冷静かつ論理的に考えることが出来る、しっかりと自分の意見を述べることが出来る、物事についてわきまえている、責任が取れる…いろいろと思い浮かぶと思います。

そこで、私がシンプルに心がけていたい3つのことを紹介させていただきます。

① 誠実であろうとすること
② 多様性を受容できること
③ 想像力を働かせることができること

少々捕捉しますと、①は、どんなことに対して誠実なのかは問いません。それこそ、他者へ迷惑を与えなければ、怒ることやあまり無理をしないことであってもかまわないと思っています。変に小細工をせず、その時の心の声に素直でいたいということです。(ちなみに、プロビティコンサルティングのプロビティとは、誠実・高潔といった意味なのです。)

②は、これはいわゆるダイバーシティと言われていることにもつながりますが、そもそも人のパーソナリティや価値観はそれぞれ違っていて当たり前ですので、あることに固執して不寛容になったりせず、多様性こそが新たな価値を生むという姿勢でありたいということです。

そして③は、自分の発言や行動がどのような影響を与えるかを、常に忘れないようにしたいからです。自分本位や無自覚なことによって反社会的になったり、人を傷つけることがあってはいけないということです。「こんなことを言ったら、あるいは行ったら、相手はどのように受けとめるのだろうか」と少しでも想像することは、結構言動に与える影響があると思います。

そして、これらのことを「そのようにありたい」と自覚していれば、可能な範囲でコントロールする(自律につながる)と思っています。

これらをバランス良く備えている人を私は“大人”と呼びたいため、自分を成長させる指針として心がけているのですが、いかがでしょうか?

と、このようなことを書きながらも、当然なかなか上手くいかず、不惑の年齢を遥かに超えながらも、反省ばかりの日々ですが…。

 

それでも、人の成長に寄与する仕事をしていきたい

最後に、唐突ではありますが、少し自己紹介も兼ねて記したいと思います。

私はもともと、今でいうブラック企業に勤務した経験の中で「人を大切にしない企業はいずれ行き詰る」ということを痛感し、「人の成長に寄与する仕事をしたい」という思いから、30代前半より企業人向け教育事業に携わって、ちょうど今年四半世紀になりました。

今まで行ってきたこと、そしてこれからの残された時間でどのようなことができるかは、いずれも微々たることかもしれませんが、もう少し“大人”になって世に貢献したいと考えておりますので、引き続き宜しくお願いいたします。

【おまけ】今月の1枚

大天守が改修されて2年目の姫路城天守閣です。別名白鷺城の象徴でもある純白の屋根は、あと1年くらいが見納めと言われております。(本年3月撮影)
大天守が改修されて2年目の姫路城天守閣です。別名白鷺城の象徴でもある純白の屋根は、あと1年くらいが見納めと言われております。(本年3月撮影)

 

Webの仕事をしています。~迷惑メールについて~

Web制作と管理を担当しております、大里と申します。
今回はメール関連のトラブルの代表格である迷惑メールについて書いてみたいと思います。

メールをご利用の方でしたら、ほぼ例外なく遭遇するのが迷惑メール。
以前は完全にブロックしようと手を尽くしましたが、結局イタチごっことなり果てまして完全排除は諦めました。
何もしない訳ではありませんが、ネットが元々オープンな性格なものである以上、ある程度迷惑メールがすり抜けるのは仕方ないかと思うようになったからです。

勿論、好き放題に受信するつもりはありませんので、排除する為の必要な手は打っているのですが、それでも受信する迷惑メールというのは、裏を返せば迷惑メールと悟らせない配信プロセスや構造になっているとも言えます。
メールアドレスを偽装したり、IPをランダムに変更するなど配信元の工作もあるのですが、件名や内容についても一見では分からないかなり高度な工夫(悪い意味で)がなされているものも見受けられます。

迷惑メールが目的としているのは、悪意あるページへ誘導する為のリンクをクリックさせるか、添付ファイルを開かせてウィルス感染をさせる事にあります。それらの結果(一部愉快犯のケースもありますが)多くは個人情報の取得などから儲けを得る事を最終目的としているようです。その目的の為にあの手この手で受信者を騙そうとする訳ですが、その様はネットでのオレオレ詐欺(振り込め詐欺)とも言えるかもしれません。

ネット黎明期に多かったのは、「こんにちわ」とか「会いたいです」など(やや風俗よりですが)いたずらに分類されるような件名のメールが多かったのですが、ある時期から急増したのが架空請求メールです。
「利用料金未納の件」などと偽って、使ってもいないサイトの高額な(払えなくはない微妙な金額がミソ)利用料を請求され、払わなければ訴訟するというのが良くあるパターンであり、それまでの迷惑メールと比べて悪質で犯罪性が高くなったように思います。

ネット社会がある程度根付いてからは、架空請求に対する認知度も上がり対策もされるようになりましたが、入れ替わるように増えたのが大手企業からのお知らせメールを騙った、なりすましメールです。
なかでも「セキュリティ向上の為に」などと偽ったメールで、本家サイトのデザインを巧妙に真似た偽サイトへ誘導し個人情報を入力させカード番号や暗証番号を得るという手口は、それまでの間接的な被害と違い預金を引き落とされるという直接的な被害という点で大きな問題となりました。これら一連の仕掛けは偽物と判別し難い為被害件数も多かったので、本家サイトのトップページで大々的に注意喚起がなされた事も記憶に新しいです。

そしてここのところ多く見受けられるのが、社内メールやネット売買時の確認メールなどを意識したなりすましメールです。
「算定届出書」「見積FAX依頼」「作業日報」などの社内連絡や取引先など同様の案件を抱えていたらつい開いてしまいそうな迷惑メールが多く見られるようになりました。
その中でも先日受信したメールで、件名「[日本郵便] 集荷依頼申込み完了のお知らせ」というものがあり、メールアドレスから、本文内容までほぼ完璧な偽造メールで、「あれ?なんか手続きしたかな」と騙されかけましたが、zipファイルが添付されていたのを不審に思い調べた所偽装メールと判明しました。
ゆうパック利用直後の方なら開いても不思議ではない悪質なメールでしたが、同様な手法でamazon関係のものも良く見かけます。

迷惑メールは、今後も完全に排除する事は出来ないと思われますが、本文中のリンクを安易にクリックしない事と添付ファイルを開かない(特にzipファイル)限り、ほとんどの問題は避けられると思われます。
まあ、迷惑メールと判断したら、さっさと削除するのが一番です。

悩めるビジネスパーソンの皆様へ「アイデア強制発想法」を。  これはイノベーション思考への第一歩です!! 

主にWebマーケティングを担当しています、鈴木誠一郎でございす。

皆様「オズボーンのチェックリスト」をご存知でしょうか?
音楽好きな方は「オジー・オズボーンのこと?」とお思いかもしれません(笑)。
そうです!と言いたいところですが、そうではありません。

「ブレーンストーミング」を考案した、アレックス・F・オズボーンが作成した
水平思考におけるひとつのトレーニング方法です。
どうしてもアイデアが出ない時に強制的に発想をさせるのです。


  1. 代用 ・・・他のもので代用できないか?(人、方法、製法、場所など)
  2. 逆転 ・・・逆にしてみたらどうか?(上下、左右、立場など)
  3. 結合 ・・・組み合わせてみたらどうか?(組織、サービス、目的など)
  4. 転用 ・・・他に使い道はないか?(他分野、他販売法など)
  5. 拡大 ・・・大きくしたら(増やしたら)どうか?(時間、距離、サイズなど)
  6. 縮小 ・・・小さくしたら(減らしたら)どうか?(時間、距離、サイズなど)
  7. 応用 ・・・他に似たものがないか?手本になりそうなものはないか?
  8. 置換 ・・・入れ換えてみたらどうか(アレンジ)?(型、配置、順序など)
  9. 変更 ・・・変えてみたらどうか?(色、意味、様式など)

このオズボーンのチェックリストの主な効果としては、

・予め発想の手がかりが用意されているため、連想発想がしやすい。
・積極的な発想がしやすい。(一般的にはミスを出さない消極的なアイデアが多い。
「業務遂行チェック」など)
が挙げられます。

さて、ここで皆様に課題をひとつ。


◆ ある文具メーカーが、売上不振の打開策として新しいボールペンを開発しようとしている。
   起死回生のボールペン、どんなアイデアあるだろうか


上記9つの視点で考えてみてください。

コツは「楽しく考えること」です。

例えば・・・
ボールペンを「転用」してみる。
⇒ 「分割を可能とし、お箸として使う」
ボールペンを「結合」してみる。
⇒ 「ボールペンに、糊やハサミ、ステイプラーなどの機能を付加する」
など、「できそうもない」という固定概念を一旦捨て、思いつくまま考え出すのです!!

スタッフブログ始めます! 第1回:写真展のご紹介   ~櫻井信夫写真教室作品展「視点ⅩⅥ」開催~

今月からメンバーによるブログをスタートするということになりました。栄えある第1回は、人材育成事業を担当している橋本淳一郎からお送りいたします。今回、私が趣味で参加している写真教室の展示会がありますので、ご案内をさせて頂きます。

私は高校生の頃から写真を撮るのが好きで、知人の紹介で写真教室に入ったのは10数年前でしたが、東京を離れていたこともあり、3年前から復帰しました。
写真は、その人にとってとても大切な瞬間を、思い出と共に保存します。その、2度と戻れない時間を凝縮している“切なさ”が私は好きです。
写真展では毎回テーマを決めて5枚展示しますが、今回は沖縄での写真から選びました。以下が写真展用の紹介文です。

テーマ:「祈りの島の記憶~琉球から沖縄へ」
沖縄という場所は、どうしてこんなに私を引き付けるのだろうか?碧い海、亜熱帯の森、活気あふれる市場…決して大きくはない島々には、様々な魅力があります。しかし、もちろんそれだけではありません。「琉球王国」の時代、「ヤマト」に飲み込まれた時代、「戦争」の舞台となってしまった時代、そして今でも「平和」とは言い切れない時代…過去から今へ、それぞれに思いを馳せるときに、私は何か共通の“祈り”を感じてしまいます。今回の写真からそんな思いが少しでも伝えられたら幸いです。

1枚目:「聖なる祈りの地(斎場御嶽)」⇒神の住むニライカナイを臨む、琉球最高の聖地
2枚目:「琉球王国の記憶(首里城本殿)」⇒琉球王国の力の象徴である首里城の本丸
3枚目:「恒久平和の願い(平和祈念公園)」⇒沖縄戦の記録を残す祈念公園のモニュメント
4枚目:「オスプレイ常駐(普天間飛行場)」⇒隣接する公園から望むオスプレイ
5枚目:「見守っているよ(シーサー)」⇒今に引き継がれる民間文化の象徴

琉球王国の記憶
琉球王国の記憶
オスプレイ常駐
オスプレイ常駐

【写真展概要】
櫻井信夫写真教室作品展「視点ⅩⅥ」
日 時 : 2016年4月7日(木)~10日(日)
午前10時~午後6時まで(最終日午後4時まで)
場 所 : 三鷹市美術ギャラリー(コラル5階) 三鷹市下連雀3-35-1
交通 JR中央線三鷹駅南口から徒歩1分
地 図 :map