プロビティコンサルティング株式会社

ホーム >システム診断

システム診断

システムの効率化=コスト削減、作業の効率化


情報システムに関して以下の様な、悩みはありませんか。

【現状】
 ・費用掛けて構築したが、使っていない機能が沢山ある。
 ・新たな情報システムを導入したが、導入効果が見えない。
【これから】
 ・情報システムを刷新したいが、前回は予算を大きく超えてしまった。今回は、費用を抑えたい。
 ・ITベンダーから提案を貰っているが、システム機能の説明が多く、導入効果が見えない。


情報システムは企業の経営、マネジメント、現場のそれぞれを支援するツールであり、全社的な取り組みが 必須にも係らず、社内のIT部門とITベンダーとの間のみで計画や構築が推進される事が多く見られます。

情報システムを再構築する前に、現状を以下の三つの視点で客観的に評価致します。

当社はシステムに対する三つの役割を経験し、三つの視点を有しています
導入企業(利用者)の役割 SI会社(構築)の視点 監査(評価)の視点

三つの視点

『鳥の目(全体最適)・虫の目(神は細部に)・人間の目(運用)』で評価
『経営層・マネジメント層・現場』のギャップ把握
システム診断の特徴

● 客観的な視点

当社は、特定のシステムにとらわれない、客観的な立場で現状のシステムの評価を実施します。

● 情報システムと業務改善の視点

一見、情報システムの問題に見えるものも、本質的な課題を分析すると、業務改善とセットで対応すべき事項が多くあります。
情報システムのみならず、業務の流れ、役割分担の見直し等含めて改善点を指摘します。

● フレームワークの提供

システム診断を推進するに当たり、インタビューや課題の分析方法等を標準化しており、短期間で効率的な診断を実施しています。
 システム診断事例PDF
FacebookTwitter 研修プログラム研修プログラム対談対談会計トピックスお薦め書籍コーナー三浦会長の最新会計情報野田弘子のブログスタッフブログおかやまセミナーリポート
霞が関ナレッジスクエア
システム診断

Copyright(C) Probity Consulting Co., Ltd. All Rights Reserved.