悩めるビジネスパーソンの皆様へ「アイデア強制発想法」を。  これはイノベーション思考への第一歩です!! 

主にWebマーケティングを担当しています、鈴木誠一郎でございす。

皆様「オズボーンのチェックリスト」をご存知でしょうか?
音楽好きな方は「オジー・オズボーンのこと?」とお思いかもしれません(笑)。
そうです!と言いたいところですが、そうではありません。

「ブレーンストーミング」を考案した、アレックス・F・オズボーンが作成した
水平思考におけるひとつのトレーニング方法です。
どうしてもアイデアが出ない時に強制的に発想をさせるのです。


  1. 代用 ・・・他のもので代用できないか?(人、方法、製法、場所など)
  2. 逆転 ・・・逆にしてみたらどうか?(上下、左右、立場など)
  3. 結合 ・・・組み合わせてみたらどうか?(組織、サービス、目的など)
  4. 転用 ・・・他に使い道はないか?(他分野、他販売法など)
  5. 拡大 ・・・大きくしたら(増やしたら)どうか?(時間、距離、サイズなど)
  6. 縮小 ・・・小さくしたら(減らしたら)どうか?(時間、距離、サイズなど)
  7. 応用 ・・・他に似たものがないか?手本になりそうなものはないか?
  8. 置換 ・・・入れ換えてみたらどうか(アレンジ)?(型、配置、順序など)
  9. 変更 ・・・変えてみたらどうか?(色、意味、様式など)

このオズボーンのチェックリストの主な効果としては、

・予め発想の手がかりが用意されているため、連想発想がしやすい。
・積極的な発想がしやすい。(一般的にはミスを出さない消極的なアイデアが多い。
「業務遂行チェック」など)
が挙げられます。

さて、ここで皆様に課題をひとつ。


◆ ある文具メーカーが、売上不振の打開策として新しいボールペンを開発しようとしている。
   起死回生のボールペン、どんなアイデアあるだろうか


上記9つの視点で考えてみてください。

コツは「楽しく考えること」です。

例えば・・・
ボールペンを「転用」してみる。
⇒ 「分割を可能とし、お箸として使う」
ボールペンを「結合」してみる。
⇒ 「ボールペンに、糊やハサミ、ステイプラーなどの機能を付加する」
など、「できそうもない」という固定概念を一旦捨て、思いつくまま考え出すのです!!

2016年05月31日(火)

スタッフブログ始めます! 第1回:写真展のご紹介   ~櫻井信夫写真教室作品展「視点ⅩⅥ」開催~

今月からメンバーによるブログをスタートするということになりました。栄えある第1回は、人材育成事業を担当している橋本淳一郎からお送りいたします。今回、私が趣味で参加している写真教室の展示会がありますので、ご案内をさせて頂きます。

私は高校生の頃から写真を撮るのが好きで、知人の紹介で写真教室に入ったのは10数年前でしたが、東京を離れていたこともあり、3年前から復帰しました。
写真は、その人にとってとても大切な瞬間を、思い出と共に保存します。その、2度と戻れない時間を凝縮している“切なさ”が私は好きです。
写真展では毎回テーマを決めて5枚展示しますが、今回は沖縄での写真から選びました。以下が写真展用の紹介文です。

テーマ:「祈りの島の記憶~琉球から沖縄へ」
沖縄という場所は、どうしてこんなに私を引き付けるのだろうか?碧い海、亜熱帯の森、活気あふれる市場…決して大きくはない島々には、様々な魅力があります。しかし、もちろんそれだけではありません。「琉球王国」の時代、「ヤマト」に飲み込まれた時代、「戦争」の舞台となってしまった時代、そして今でも「平和」とは言い切れない時代…過去から今へ、それぞれに思いを馳せるときに、私は何か共通の“祈り”を感じてしまいます。今回の写真からそんな思いが少しでも伝えられたら幸いです。

1枚目:「聖なる祈りの地(斎場御嶽)」⇒神の住むニライカナイを臨む、琉球最高の聖地
2枚目:「琉球王国の記憶(首里城本殿)」⇒琉球王国の力の象徴である首里城の本丸
3枚目:「恒久平和の願い(平和祈念公園)」⇒沖縄戦の記録を残す祈念公園のモニュメント
4枚目:「オスプレイ常駐(普天間飛行場)」⇒隣接する公園から望むオスプレイ
5枚目:「見守っているよ(シーサー)」⇒今に引き継がれる民間文化の象徴

琉球王国の記憶
琉球王国の記憶
オスプレイ常駐
オスプレイ常駐

【写真展概要】
櫻井信夫写真教室作品展「視点ⅩⅥ」
日 時 : 2016年4月7日(木)~10日(日)
午前10時~午後6時まで(最終日午後4時まで)
場 所 : 三鷹市美術ギャラリー(コラル5階) 三鷹市下連雀3-35-1
交通 JR中央線三鷹駅南口から徒歩1分
地 図 :map

2016年03月27日(日)