営業!

今回は、鈴木がお送りします。
営業というと、「セールスマン」「モノ売り」「訪問販売」「体育会系」「ノルマ」 「男社会」などという、どちらかと言うとネガティブなイメージが強い仕事と捉えられていることが多いかと思います。
実際にイメージ通りのこともあった世界ではありますが、今は違います。
そして、その重要性は増す一方。

働いていれば、どんな職種でも実は「営業」はついて回るのです。
営業はかなり重要なキーワードです。

営業には、実際にお客様から商品やサービスを受注する役割であるまさに「外勤営業職」から、管理部門であっても、他部門と良好なコミュニケーションを取り、自部門の業務目的を達成する「社内営業」まであるわけです。
ニーズやシーズの発掘、ヒアリング、提案、プレゼンテーション、交渉など。これらは、営業職だけのものではありません。

企業に勤める人は等しく身につけることが必要でしょう。
IT、会計だけでなく、営業のスキルは、これからのビジネスマンの助けになることは間違いないと考えます。
それが分かってもなお、「営業はしたくない」という方も多いでしょう。
しかしながら、そう言いつつも実際には、顧客名簿を作成してメールを送ったり、チラシを作成してポスティングをしたり、マーケティングということで市場調査やターゲットペルソナを作成したり。
店舗を拠点として仕事をされる場合、その店舗が「営業中」となっていれば、それもそう。
また、自部門がやろうとすることを他部門に協力してもらう、依頼する、説得する、納得してもらうことなども、お金は発生しませんが、立派な営業です。
すべてお客様を獲得するための「営業の仕事」なのです。
営業は、避けては通れない道。
ならば楽しく取り組みましょう!

そのために、まずは自分を俳優・女優と見立てて理想の営業パーソン像を決めて、その人になりきることですね!!
何かが動き出すと思います。

2016年11月30日(水)